お手入れでつるつるの肌を維持しましょう


プルプル卵肌


 




蝶左


エステとは

蝶右

今や世の女性たちの生活になくてはならないものとなったエステ。
20〜30代の女性なら、誰もが一度は訪れたことがあるといっていいほど、すっかり
現代の生活に密着した存在となりました。
ご存知の通りエステとは、フェイシャル・マッサージを中心とした美容のための施設で
正式名称は「エステティックサロン」。全国にチェーン展開する大手エステから
個人経営の小さな隠れ家的エステまで、その種類はさまざまです。
一つのジャンルを極めた専門エステもあれば、バリエステや韓国式エステなど外国の
技術を取り入れたバラエティ豊かなお店も。その規模やジャンルは多彩で、女性たちの
強い関心を集めています。


エステサロンの起源

エステサロンの始まりは、日本では明治時代中期になりますが、世界的に見ると
約250年程度前にヨーロッパで 美しさは、人に満足感や光悦、快感を与える対象
という理論が唱えられたのが始まりといわれています。
エステサロンは、この理論を守らなければ、真のエステとはいえません。
エステサロンで行う施術全ての項目においていえることですが、 なぜこんなに料金
が高いのかという疑問を持つ方が多くいると思います。
それはエステサロンが、医療行為ではないからです。 エステサロンに行くだけで
本当の若々しさや、スタイルをキープできるわけではありません。
日々の自分自身の努力もあり美しくなれるんです!


エステはどうして生まれたの?

エステの発端とされる説は、実にさまざまな説があります。
そのなかでも特に有力とされている説が、エステ発祥の地とされるフランスでのエピソード。
18世紀のマリーアントワネットの時代、美に関心の強い社交界の女性たちがお肌を磨く
ために牛乳風呂に入ったり、当時の化粧品で入念にお手入れを始めたりしたのが進化
して、現在のエステというスタイルが誕生したといわれています。
しかし、「今よりもっと美しくなりたい」と思う女性の願望は、この世に人類が誕生した頃
からすでに存在するものです。そのため、古代より身の周りにあるものを駆使して
美容効果を得ようとする女性たちの試みは絶えることはありませんでした。

 

日本でエステが広がったのは?

エステという存在が一般社会に根付いてきたのは、高度経済成長を経て日本の
国民所得に余裕がでてきた1970年代です。
生活にゆとりのできた女性たちは、ダイエットや美肌など、自分を美しく磨くという行為に
目を向けるようになりました。
そんな時、テレビや映画のなかで華々しく活躍する女優たちが「私たちには欠かせない存在」
として紹介したのがエステだったのです。そんな女優たちに自分も一歩近づきたいと、世の
女性たちはこぞってエステに駆けこむようになりました。
そして今では、ご存知の通り、様々なメディアで日々特集が組まれるほどの大ブーム
となりました!


Valuable information


フィギュア 買取

 

 

 

 

 

 

 

Copyright (C) 2008 素肌美人を目指す  All Rights Reserved